コッペパン大好きマンブログ

インプットマンがアウトプットマンになるためのブログ

自律神経を調整しダイエットの効率をあげる

f:id:pokopokopokotarou:20191001204343p:plain

なぜダイエットに自律神経が重要なのか

人間は体外・体内の環境変化やストレスに応じて、意識的に身体部位を動かしたり、意識的に呼吸や血液を変化させたりという生命活動を行っています。

これらの活動を行うための体内統御・調整機能が神経系と内分泌系(ホルモン・酵素)です。

この中でも身体調整昨日を無意識的・反射的に司るものは自律神経と呼ばれ、消化・吸収・代謝・循環というダイエットにおいてもっとも重要な部分を統御します。

ダイエットを成功させるためには、自律神経を正常に作用することで日中に交感神経効率よく働かせて、エネルギー活動が活発な状態を作ることが重要です。

 

自律神経・・・無意識的・反射的・内臓筋消化・吸収・代謝・循環を司ります。

 

 

f:id:pokopokopokotarou:20191001215712p:plain

自律神経調整ダイエット方法

日中起きている時に交感神経を夜間眠っている時は主に副交感神経が働き、体のリズムを作っています。

この自律神経を整え、体のリズムを作ることがダイエット成功への近道です。

朝は胸いっぱいに思い切り息を吸い込んではいてください。

朝は眠っている時に優位だった副交感神経が活動のために、交感神経へと切り替わリマす。

寝起きが悪く朝が起きられない方はこの交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行えていません。

逆にいうとこの交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいけば、一気に体温が上昇し自然と代謝が上がり、それに伴い脂肪が効率よく燃えてくれる1日になります。

自律神経支配に夜身体機能(体温調節や心臓の拍動)は自分の意思では直接コントロールできませんが、唯一意識的にコントロールできるのが呼吸です。

呼吸を行うだけで、副交感神経から交感神経の切り替えがうまくいきやすくなります。

 

事務職など座ったままの姿勢で長時間仕事をしていることが多い場合、交感神経が活発に働くべき昼間に脳にストレスがたまり、自律神経の調節がうまくいきにくくなります。

すると昼間でも代謝が落ちやすく体脂肪や老廃物を溜め込みやすい体質となります。

まただるさやむくみといった症状も現れてしまいます。

そんな時は手や足などの末端をマッサージや軽い運動などで刺激すると脳の働きが活性化され、交感神経も活発になります。

夜は全身の筋肉に疲れがたまっています。

緊張した状態はすなわち交感神経が優位になった場合のままということがあります。

そのまま寝てしまうと翌日に疲れを残すだけではなく、自律神経の正常なリズムを乱す原因にもなります。

寝る前には筋肉をほどよく刺激するストレッチやヨガなどがおすすめです。

脳と体をリラックスすることで質のいい睡眠をとることができます。

いい睡眠は朝起きた時の交感神経との切り替えがスムーズに行え、燃やしやすい体を作り痩せやすい効率のいい状態を作れるでしょう。

 

自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ

自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ

 

 

 

自律神経は健康にも重要である

副交感神経と交感神経のバランスが崩れるとそういったホルモン系の病気になります。

私は一度バセドウ病にかかり、完治に7年間かかりました。

無理なダイエットや睡眠不足などはそういった自律神経の乱れを引き起こし、ホルモン系の病気になってしまうこともあります。

交感神経が優位になりすぎてしまうと、常に120パーセント発揮しているような形になるので非常に痩せやすくなりますが、疲労が蓄積しやすく普通に生活するだけで人の何倍も疲れてしまい、生活が困難になってしまうのです。

逆の橋本病というような病気もあり、副交感神経が優位になりすぎてしまう病気です。

代謝が悪いので、太りやすくなります。

バランスよく自律神経のリズムが整っていることが、健康とダイエットの近道になります。良質な睡眠・バランスの良い食事・適度な運動など重要です。