コッペパン大好きマンブログ

インプットマンがアウトプットマンになるためのブログ

美肌になるための季節別のお手入れポイント

f:id:pokopokopokotarou:20191004212854p:plain

肌の状態は季節によって日々変わっていく

季節によって気温や湿度の変化により、皮脂と汗の分泌量が変わるため、皮膚表面がベタベタしたり、カサカサしたりするなどその状態は一定に保つことができません。

美しい肌とはみずみずしく透明感があり、潤いに満ちていることです。

このような肌表面の変化には、洗顔によりベタつきを洗い流し肌を清潔に保ち、化粧水や乳液で保湿する必要があります。

肌を乾燥させないことがもっとも重要な肌ケアになります。

 

美肌のための春のお手入れ

春は3月から紫外線が強くなります。

冬の間は乾燥や気温の変化などで、角質のバリア機能や保湿機能が低下してしまった肌に紫外線がダメージを与えてしまいます。

お手入れはUVカット化粧品や帽子などでしっかりと紫外線をカットするのが重要になります

紫外線でダメージを与えられると、気温の上昇とともに皮脂の分泌が多くなり、肌がベタベタになり、ニキビができたり肌が不安定になりやすい時期にでもあるため、肌状態により低刺激化粧品の使用もおすすめです。

 

美肌のための夏のお手入れ

春よりも紫外線を浴びる量や汗を閣僚が増加することによって、肌トラブルが多くなります。

合わせて冷房と外気温の温度差など、肌だけではなく体調も崩しやすい時期です。

汗はシルクやリネンなどの柔らかい生地でこすらず押さえつけるようにふき、UVカット化粧品などは外出前にこまめにつけ直すようにしていきましょう。

朝は収れん効果のある化粧水で皮脂を抑えます。

夜は皮脂バランスを整えるために、しっかりと保湿しましょう。

 

美肌のための秋のお手入れ

秋は夏の冷房疲れや食欲不振、他にも紫外線や睡眠不足などでターンオーバーが乱れています。

冬を迎える前にしっかりと肌を回復させておくことが重要です。

敏感肌以外の人はディープクレンジングや美白化粧水などで、いらない角質の除去やシミなどが残らないように美白化粧品やパックなどで特別ケアを行っていきましょう。

敏感肌の人は季節の変わり目は特に肌が荒れやすいので、最新の注意が必要です。

年齢を重ねると肌のターンオーバーが乱れがちなので、保湿を重点的に行いましょう。

 

 

美肌のための冬のお手入れ

気温が下がって空気が乾燥するため、肌の水分失われ身体の血液循環が悪くなります。

血液循環が悪くなると肌に栄養が行きづらくなってしまい、ホメオスタシスが低下してしまうのです。

そうするとくすみが目立つようになり、顔が老けてしまいます。

血液循環が悪くなっている分、入浴などで体を温めて血行を促進させましょう。

保湿はもちろん大事ですが、合わせてマッサージを行うことで血行の促進を促します。

合わせてファンデーションなどで肌の乾燥を守りますが、夜寝る前には必ず洗顔とクレンジングを行いファンデーションを落とし切りましょう。

 

オールシーズンの美肌ケア

肌は乾燥すると肌トラブルを起こすことが多くなります。

肌の乾燥を防ぐためにも保湿ケアを重点的に行いましょう。

合わせて季節を問わずに部屋の湿度を50パーセントから60パーセントに保つことを心がけることが大切です。

基本は肌の変化に合わせて、日頃のお手入れを変化させていくこと。

減らしたり増やしたりすることが大切です。

自分の肌と常に向き合い、その状況や季節に合わせてケアを行っていきましょう。