コッペパン大好きマンブログ

インプットマンがアウトプットマンになるためのブログ

年代別!10代〜50代のお肌のお手入れ方法!

 

f:id:pokopokopokotarou:20191002193543p:plain

お肌は年齢によってお手入れが違います

人は年齢を重ねるごとにお手入れ方法が変わっています。

肌のターンオーバーが遅くなり、シミができやすくなったり、筋肉がたるみやすくなったり、肌の細胞を自分で生み出すことができないので、化粧品などで補ったり・・・など様々です。

では年齢によってどのように肌が変化し、どのようなお手入れをすればベストなのか。

今回は10代の肌のお手入れ方法から50代までのお手入れ方法を書いていきます。

 

10代の肌トラブルとスキンケア

10代は女性ホルモン(プロゲステン)の分泌が増えることで、肌が脂っぽくなり、ニキビができやすくなります。

そのため化粧崩れが気になることも多いでしょう。

夜はきちんとメイクを落とし、クレンジングや洗顔やスキンケアの時はこすり過ぎないようにしてください。

化粧水と乳液は肌の状態に合わせて使いましょう。

保湿を中心としたケアで、睡眠中に分泌された皮脂で顔がべたつく場合は、朝に洗顔を行います。

合わせて収れん化粧水使用することで、皮脂分泌の多い部分を中心にするのがおすすめです。

 

美人ぬか 純米ひきしめ水 190mL

美人ぬか 純米ひきしめ水 190mL

 

20代の肌トラブルとスキンケア

いきている中でもっともお肌が輝く時期になります。

ただしストレスを受けることや、不規則な生活を続くことも多く肌トラブルを多く起こすこともあるでしょう。

メイクにもっとも力を入れる時期ですが、合わせてスキンケアにも同じように力を入れてください。

二十代前半で不規則な生活を続けてしまうと、二十代後半のお肌の曲がり角でより肌トラブルがひどくなってしまいます。

二十代の時は洗顔や保湿というスキンケアという基本を徹底しましょう。

毎日肌を守ることは将来の美しい肌を作ります。

生理周期や食事、睡眠など自分自身の肌としっかり向き合いましょう。

 

ソンバーユ 無香料 70ml

ソンバーユ 無香料 70ml

 

30代の肌トラブルとスキンケア

20代の肌とは違う再生の衰えや見た目の衰えを感じやすい年代です。

仕事や子育てでより忙しい日々を迎えます。

合わせて肌の疲労の蓄積や乾燥によるシワや真皮にも影響が及んで、シワができます。

敏感肌になりがちなので、優しい洗顔料を使い、保湿効果の高い化粧水と乳液をたっぷり使用して、角質層などしっかりと保湿を行いましょう。

20代からのケアが30代の肌に強い影響を及ぼします。

特にメンタル面などの影響をしやすいので、気をつけましょう。

 

 

40代の肌トラブルとスキンケア

疲労や環境の蓄積とは違いホルモンバランスの乱れで皮膚の衰えを感じます。

首と手には年齢がでやすいので、合わせてケアを行っていきましょう。

皮膚分泌が少なくなり、代謝機能が低下して血液循環が悪くなることで潤いが不足し、皮膚の透明感がなくなります。

さらに真皮の働きが低下をして、肌のハリや弾力も失われていきます。

40代になれば今までのお手入をしっかりしている人と、していない人が目で見てはっきりわかります。

お手入れにはしっかりとマッサージを行い、血流の流れをよくしていきましょう。

 

 

50代の肌トラブルとスキンケア

更年期にかかるため、ホルモンバランスが乱れて肌の調子が悪くなり、シミ、シワ、たるみなどの老化サインが気になる時期です。

さらに抗酸化力も落ちてしまうため、肌が錆びやすくなってしまいます。

肌がくすみがちになり、透明感が失われてしまうのです。

不足した肌の水分と油脂をしっかりと補いましょう。

血行も悪くなりがちなので、肌の生まれ変わりを促し、不安定な敏感肌を落ち着かせましょう。

更年期で肌が乱れがちですが、更年期が終われば肌は落ち着いてきます。

マッサージ、保湿とディープクレンジングやエステなどで栄養を与えることが重要になります。

アンチエイジングにはゴールド成分がおすすめなので、金成分入りがおすすめです。

 

箔一 金華24K ゴールドマスク 1枚

箔一 金華24K ゴールドマスク 1枚