コッペパン大好きマンブログ

インプットマンがアウトプットマンになるためのブログ

スキンケア化粧水とその原料を知ろう!

f:id:pokopokopokotarou:20190924210259p:plain

スキンケアの主な原料を知っていますか?

スキンケア化粧品の主な原料には、水性原料と界面活性剤と油性原料と保湿剤と防腐剤と殺菌剤と紫外線防止剤と特殊配合成分と酸化防止剤と美白成分などがあります。

その成分の内容には様々な役割がありますので、その内容をしっかり把握して自分のお肌にあったものを使用しましょう。

知識があることによって、より自分にあったものを選ぶことができます。

学びつつ一緒に美肌を作っていきましょう。

 

水性原料はどういう原料なのか

化粧品をとかすのに重要な精製水やエタノールがあり、羽田に着いた時の感触を滑らかにし、肌への馴染みをよくするような働きをします。

油性原料はどういう原料なのか

水性成分と同じように化粧品成分がよく溶け、皮膚をしっとりさせる効果があります。

一番大きな効果としては、皮膚の水分蒸発を抑えて水分量を保ち、使用感を滑らかにするのが油性原料です。

有名な油性原料で植物性のものはアーモンド油やオリーブ油やシアバターやマカデミアナッツ。動物油であれば馬油やミンク油などが有名です。

肌や髪などにツヤを与えてくれ、合わせてマッサージする時の摩擦などを滑らかにしてくれます。

 

界面活性剤はどういう原料なのか

よく洗顔料やクレンジング剤は泡立ちを良くするために、他のスキンケア化粧品より多く配合されています。

肌ケアで大切なのは界面活性剤が多い洗顔料やクレンジング剤を肌に残さないことが重要です。

界面活性剤は悪のように思われることも多いですが、水と油が分離しないように必要な成分であり、いろいろなスキンケア化粧品に配合されています。

保湿剤はどういう原料なのか

本来は肌には天然の保湿機能が備わっており、ターンオーバーが正常または角質層が整っている場合はしっかりとお肌が保湿されています。

ただし洗顔剤や乾燥などでその潤いベールが壊れてしまうことも・・・。

こういった洗顔剤や乾燥によって壊れた肌の潤いベールを守るために、保湿剤が活躍します。

保湿剤はスキンケアの中心的な成分で、化粧品の水分と一緒に配合することによって、皮膚内部の水分蒸発を防ぎます。

肌にも柔軟性を持つことによって皮脂膜と同様の働きをしてくれます。

成分名としては主に刺激の少ないグリセリンソルビトールヒアルロン酸ナトリウム、ピロリドンカルボン酸塩や尿素です。

防腐剤はどういう原料なのか

化粧品は使用している間に細菌やカビが増殖するのを防ぎます。

肌に刺激のある成分として嫌われがちですが、成分の品質を保つために必要な成分です。

ただし刺激の強さは成分によって違いますので、気をつけて選んでいきましょう。

主な成分名はパラベンや安息香酸やヒノキチオールがあります。

殺菌剤はどういう原料なのか

肌トラブルの一因と考えられる感染を予防する成分です。

よくある化粧品としてはフケやニキビなどを防ぐ成分が多くなっています。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどういう原料なのか

シミやシワなどの原因として、光老化の影響はかなりあるでしょう。

紫外線吸収剤と散乱剤の効果はUV-Bをどれだけの時間を防ぐことができるか、SPFで肌深部に影響を及ぼす波長のん買いUV-Aをどれくらい防ぐかの目安をPA値で化粧品に記載しています。

SPFPA値は化粧品会社によって異なりますが、どの化粧品でもこまめに塗り替えが重要です。

 

紫外線防止効果を高める方法はUVカット化粧品をつけてから、物理的に紫外線をカットする粉末のパウダリーファンデーションを重ねてつけるとより効果が長持ちします。

 

 

特殊成分とはどういう原料なのか

ホルモン剤やビタミン剤、抗炎症剤や殺菌剤、アミノ酸などの特殊成分です。

ここの肌び悩みに対応した効果効能を期待できます。

美白成分とはどういう原料なのか

美白化粧品は紫外線の影響によるメラニンの生成を抑え、色素沈着を予防する成分を配合しています。

有名な成分としてはハイドロキノンやビタミンC誘導体、コウジ酸、アルブチン、カツミレエキスです。

美白成分と一括りにしてもいろいろな効果がるので、自分にあった美白成分を選んでいきましょう。

www.koppepantabetai.com