コッペパン大好きマンブログ

インプットマンがアウトプットマンになるためのブログ

生理周期に合わせて美肌を作る

f:id:pokopokopokotarou:20191024200225p:plain

女性の肌は生理周期で肌ケアが変わる

女性の肌は女性ホルモンと関係が密接です。

1ヶ月の生理周期を知ることで常に美肌を作ることができます。

 

卵胞期の美肌ケア

月経期から排卵までのこの時期の肌は比較的安定しています。

化粧品を変えたり、新しい化粧品を使い始めるのに適しています。

むくみも少なく食欲が落ち着いている時期のため、ダイエットを始めるのに効果的です。

ただし思春期の場合は体が成長途中でホルモンバランスも十分に整っていないため、過激なダイエットをしてしまうと、体調に異変をきたしてしまう可能性があります。

生理不順や過食症の原因になってしまうこともあるため、絶対にやめましょう。

 

黄体期の美肌ケア

排卵後は体温が高くなって、心身に様々な不調を起こすPMS(月経前症候群)などを伴うこともあり、イライラして肌の調子が整わないことが多いでしょう。

PMSが強ければ強いほど、ネガティブな感情が多くなります。

体もむくみやすくなっているのでマッサージがおすすめです。

アロマオイルを使うのであれば、オレンジ・クラリセージ・ゼラニウムネロリなどがおすすめです。

PMSが重い方はデュフューザーなどでアロマテラピーも良いでしょう。

黄体期はニキビや吹き出物ができやすいので、適度な洗顔がおすすめです。

シミもできやすくなる時期なので、保湿ケアと日焼け予防を徹底してください。

 

月経期の美肌ケア

黄体期と月経期は睡眠を十分にとって活性酸素を作らず、ゆったりとストレスケアをしましょう。

保湿ケアも十分に必要になりますので、いつもよりも徹底した保湿ケアを行ってください。

生理中は黄体期とは違って体温が下がるので血流が悪くなりますので、体を温めることが重要です。

 

美肌にいい睡眠とは?

夜寝る前には、PCや携帯を使うことはなるべく避けましょう。

寝る前は食事を避け、ぬるま湯に入ることです。

就寝時に体温が低くなるようにして、睡眠の質をよくすることです。

手が冷たいままだと眠りにつきにくくなるので、もし眠れない場合は手を温めるようにしましょう。

朝は毎日決まった時間に起きて、日の光を浴びることが大事です。

夜には質の良い睡眠をとることができます。

 

生理中は食事にも気をつけましょう

女性ホルモン(エストロゲン)が及ぼす肌の変化には、イソフラボンが効果的です。

イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするため、大豆食品を多くとるようにしましょう。

豆腐・納豆・枝豆・味噌などに多くイソフラボンが含まれています。

和食は日常的にしょうゆなどで知らずに大豆製品を多く摂取してしまうことがあるので、摂取過多に気をつけましょう。

 

www.koppepantabetai.com