コッペパン大好きマンブログ

インプットマンがアウトプットマンになるためのブログ

綺麗な髪を作る8つのポイント

f:id:pokopokopokotarou:20191112202531p:image

質のいいシャンプーやトリートメントを使うことももちろん重要ですが、使いかたやヘアケア次第でその効果が何倍にも感じられます。

正しいシャンプー&トリートメント方法を学びましょう。

 

 

1.ブラッシングで髪の絡みや汚れを落としましょう

シャンプーなどをする前にあらかじめブラッシングして、髪の絡んでる部分や汚れをとっておくと、髪を洗う時の抜け毛や切れ毛を保護してくれます。

合わせて泡立ちもよくなり、血行も良くなるので汚れを浮かせてシャンプーの効果をアップすることができるのです。

 

2.ぬるめのお湯でシャンプーの前に髪と地肌を濡らす

汚れをしっかりと落とすために、シャンプーの泡立ちを良くすることが重要です。

シャンプーの泡立ちをよくするために、髪と地肌を十分にぬらす予洗いをしましょう。

これは髪を痛めずに地肌をまんべんなく洗うための重要なポイントです。

シャンプーの泡立てをよくするだけではなく、髪同士の摩擦をふせぐことも出来ます。

 

3.シャンプーをつける前に手で泡立てる

シャンプーをそのまま地肌や髪につけてしまうと刺激が強すぎたり、むらづきしたり、すすぎ残りが多くなったります。

シャンプーは洗顔のように手に取ってよく泡立てて使いましょう。

頭頂部の地肌は紫外線などの影響によりもっともダメージを受けやすくなっています。

シャンプーは後頭部から側頭部につけて全体になじませて行きましょう。

 

4.洗う時はこすらずに頭皮をもみほぐす

地肌に爪をたてるのは絶対にNGです。

かならず指の腹でマッサージするように洗いましょう。

マッサージするなら地肌全体に行き渡るように、特に耳の後ろから襟足、耳の上あたりの頭周りの地肌は洗いにくく、洗い残しが多い部分なので丁寧に洗いましょう。

シャンプーが残ると肌荒れの原因にもなります。

 

5.すすぎはじゅうぶんに行う

シャンプーが残ると臭いの原因や髪の毛を痛ませる原因になります。

シャンプーが残らないように、髪に残った泡を軽くてで落としてからすすぎます。

耳の後ろから襟足ら耳の上あたりや、頭周りの生え際はシャンプーが残りやすいので注意です。

しっかりと余分な汚れとシャンプーを落として行きましょう。

 

6.トリートメントは髪につける

よく誤解されているのですが、トリートメントは頭皮につけなくてOKです。

トリートメントを適量に手に取りわ地肌を避けて毛先から髪全体になじませましょう。

その後はトリートメントが残らないように十分にすすぎを行います。

トリートメントを馴染ませたあとは、しばらく時間をおくとより効果を発揮します。

 

7.タオルドライはこすらずにやさしく押さえるだけ

タオルドライする際にパンパン叩いたり、地肌をかくように乱暴にタオルドライはNG。

キューティカルが傷つかないように、髪をポンポンとおさえるように水気をふきとり、地肌を中心にタオルドライをするのが効果的です。

濡れてる状態で髪同士がこすれあうと、キューティカルが痛みやすいのでなるべく避けましょう。

そしてかならずドライヤーしてください。

 

8.ドライヤーは10センチ以上離して使用

風量の多いドライヤーを使い、温風で水分を吹き飛ばすように蒸発させます。

髪の根元に指をいれ、小刻みに動かしながら温風を送り入れて動かします。

ドライヤーの吹き出し口からは10センチ以上の距離を保つと、髪の表面が100度近くになりにく、髪を傷める心配がありません。

乾ききると途端に髪の温度高くなるのでら乾き際は熱風をあてつづけないように、冷風と混ぜて使うのがオススメです。

 

ノンシリコンシャンプーってなんなの?

シリコンとは簡単にいうと髪の滑りを良くする油です。

シリコンは毛穴に詰まると言われていますが、実はしっかり洗い流せていれば影響はありません。

シリコンが入ってないシャンプーはきしみやすいため、洗浄力を弱くしたり別の成分を配合し滑りを良くしています。

シリコンが全て悪では無いということを覚えておきましょう。